将来のビジョン

僕は非現実的なことしか考えない。

それは、日常の事から将来のビジョンまで。

 

世間一般で言う【夢】は無い。

若いころは【夢】を追いかけ続けて、20代前半では月収600万円を超えたこともあった。

しかし、さらに追い続けた結果は当初の【夢】とは全然違う世界にいた。

 

結果が出るまで走り続ける。

結果が出たなら次の課題。

笑顔で死を迎えた一瞬、夢が叶ったときである。

 

一日の終わり、床についた時に「今日も充実していたなぁ」って思うのが一番の幸せ。

 

理由はだた1つ。

 

その積み重ねが、

一か月、半年、一年といった機関の自分を表すことになるから。

明日、生きているか死んでいるかわからない。

日々状況は変わる。

どんな状況変化にも対応できる能力を養わないと人は腐る。

 

子供の頃には夢があった。

でも、男の【夢】ってほとんど職探し。

 

子供の頃の夢は全く現実化していないが、充実した毎日を送っている。

 

要は、一日の多くは仕事で時間を使う。

以前の日記にもあるが、仕事は金銭を得る行為。

よって、多くの利益を生む仕事なら罪を犯さなければ何を選択してもよい。

ただ、自分が頑張ってきた成果がでる仕事に限定される。

実際、過去にいろいろやってきた。

 

この心構えがまだ見ぬ成功への道と信じている。

 

あなたはどうですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました