ちょっとおしゃれに ≪ポタージュパルマンティエ≫

料理

ポタージュパルマンティエって、聞いたことありますか?

ほとんどの人が聞いたことないと思います(笑)

ポタージュパルマンティエとは?

ポタージュPotage はフランス語で、食事のはじめに出されるスープのこと。

ポトフ(脂肪のある肉、大量の野菜、香草を煮込んだもの)からつくられたスープで、大別するとポタージュ・クレールとポタージュ・リエの2種類があります。

温製と冷製のどちらかが季節に応じて提供される。ポタージュ・クレールは、澄んだポタージュで、ブイヨンとコンソメの2種があり、コンソメは肉、野菜を加えアクを除いたもので正餐には欠かせないスープ。

ポタージュ・リエは、つなぎを入れたクリーム状の濃度のあるスープ。

日本語では、スープと言ってしまいますが、フランスでは、細かく分かれているんですね。

詳しくはこちら

 

じゃあ、パルマンティエParmentierって?

フランスの農学者の名で、ジャガイモをフランスの土地に合うように改良し、栽培に成功した人。この名が付いた料理には必ずジャガイモが添えられるそう。

人名だったんですね!

 

夏なら、このポタージュパルマンティエを冷やして、ヴィシソワーズにしても美味しいですよ!

じゃがいもの栄養

じゃがいもは太るー!

って思ってませんか?

でも、じゃがいもがどれほどの多くの人の命を救ったか知ってますか?

多くの人の命を救ったじゃがいも

ナショナルジオグラフィックによると、コロンブスの大航海時代、壊血病でたくさんの人が死にました。

その数、アメリカの南北戦争の3倍にもなります。

体と精神の両方をむしばむこの恐ろしい病は、新鮮な果物や野菜不足による恒常的なビタミンCの欠乏によって引き起こされます。

長い航海なので、新鮮な果物や野菜を摂ることはほとんどできません。

実は、じゃがいもには、リンゴの5倍のビタミンCが含まれています。

そして、なおかつ、長期保存が可能!

じゃがいもを食べると壊血病にならない!

その時は、はっきりと原因がわかってなかったのですが、じゃがいもが大変重宝されました。

じゃがいもは安価で、大量に運べる!

じゃがいもで命を救われた人は数多くいます。

でも、現代は技術の進歩によって、新鮮な野菜や果物を長期保存できるようになりました。

むしろ栄養過多…

じゃがいもの栄養

じゃがいもの栄養って、炭水化物のイメージが強いですが、実はめちゃくちゃすごい栄養があります!

もちろん、炭水化物もしっかりあります。

その他に、体の余分な塩分を体の外に出してくれるカリウム。

りんごの5倍のビタミンC

食物繊維、、、

 

世界の国々で、じゃがいもを主食にしているところは多いです!

じゃがいもの食べ方の注意

ポテトチップスはダメ!!!!!!!!

じゃがいもを薄く切って、高温の油で揚げているので、

発がん性物質が作られるの。

それに、添加物も多いよね。

毎日食べるのはダメ!たまに、少量なら、、、、

その他の栄養をしっかり摂ってね^^

 

あと、カレーにじゃがいもって絶対入れるよね。

でも、市販のカレールーには、大量の小麦粉と塩、油が使われているの。

その上、ご飯も食べるから、炭水化物比率が高い💦

じゃがいも、ご飯、カレールー…

たんぱく質のお肉が少ない😢

スリランカカレーはスパイスで作るから、炭水化物はご飯だけだから、

栄養バランスはまだ良いね!

 

ポタージュパルマンティエの作り方

材料(4人分)

  • 玉ねぎ 120g
  • 長ネギ 100g
  • じゃがいも 360g
  • 無塩バター 20g
  • ブイヨン 680㎖
  • 塩、胡椒 少々
  • 生クリーム(40%) 80g
  • パセリ 小さじ1

作り方

  1. 玉ねぎは繊維を切るように、薄切り。長ネギも繊維を切るイメージで斜め切り。じゃがいもは2mm厚のいちょう切(さっと洗ってザルにあげておく)。パセリはみじん切り。
  2. 3ℓくらいの大き目の鍋に、バターを入れ、長ネギ、塩一つまみ入れて、弱火~中火でゆっくり炒める。しんなりしてきたら、玉ねぎを入れて、同じようにゆっくり火を入れていく。
  3. 玉ねぎがしんなりしてきたら、じゃがいも、ブイヨンを入れて煮込んでいく。
  4. じゃがいもが柔らかく、すぐに崩れるくらいになれば、一旦、ボールに取る。
  5. 4の荒熱が取れたら、ミキサーに入れて、攪拌する。
  6. 5を鍋に戻して、加熱する。グツグツしてきたら、生クリームを入れて、味を調える。
  7. 器に入れて、パセリをのせて、完成!

ポイント

  • 長ネギ、玉ねぎをゆっくり火と入れていくのは、それぞれの素材の甘味を引き出すため。なので、時間はかかるけど、ゆっくり火を入れていくのは、とても大切。
  • 生クリームを入れたら、グツグツさせないこと。生クリームの風味が無くなってしまう。

ポタージュパルマンティエにピッタリのメニュー

こんな素敵なスープに合うのは、ビーフストロガノフなどいかが?

このビーフストロガノフも本格的な作り方をのせてますよ!

家庭で、レストラン級の食事を☆

 

 

 

 

 

 

ポタージュパルマンティエの作り方

材料(4人分)

  • 玉ねぎ 120g
  • 長ネギ 100g
  • じゃがいも 360g
  • 無塩バター 20g
  • ブイヨン 680㎖
  • 塩、胡椒 少々
  • 生クリーム(40%) 80g
  • パセリ 小さじ1

作り方

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました