ちょっとおしゃれな ≪海老の淡雪揚げ≫の作り方

料理

海老を使った料理ってたくさんありますよね。

そして、日本人は海老が大好き♡

なぜでしょう。。。。。。

あのプリっとした食感、エビのうま味、赤い見た目、、、

「海老は苦手ーー💦」

って人、見たことない(笑)

多少、火を入れすぎて硬くなってしまっていたとしても美味しい。

お寿司、エビフライ、海老チリ、海老真丈、、、

 

 

 

生でも、焼いても、どんな調理法でも美味しい。

海老の詳しい下処理方法はこちらを参考にしてね → むきエビの下処理

 

そこで、今回は中華料理の≪海老の淡雪揚げ≫を作っていきたいと思いまーす!

このお料理は、卵白を泡立てて衣を作って低温で揚げていくお料理です。

低温で揚げていくから、海老のうま味がそのままぎっしり詰まってます!

では作っていきましょう♪

c’est parti ♪

材料(4人分)

  • 海老 12尾

~海老の下味~

  • 塩 少々
  • 胡椒 少々
  • 紹興酒 大さじ1

~海老の衣~

  • 卵白(1ヶ30g) 2ヶ分
  • 片栗粉 大さじ1
  • 小麦粉 大さじ3
  • 水 大さじ3

油 適量

盛り付け

  • サラダ菜 4枚
  • 花椒塩 少々
  • ケチャップ 40g

作り方

  1. 海老の下処理。殻を取り、背中に包丁を入れて、背ワタを取り除く。尻尾は残しておく。
  2. 海老に下味を付ける。下味の調味料を合わせて、そこに海老を入れて、よく揉み込む。
  3. 揚げ油の用意をしていく。
  4. 衣作り。卵白をしっかり泡立てる。片栗粉、小麦粉を振るいながら入れて混ぜていく。硬ければ、水で調整する。(海老に衣をしっかりとまとわせたい。やわらかいと、海老に衣が付かない。)
  5. 海老に衣をたっぷりと付けて、揚げ油にゆっくりと落としていく。※油はあまり高温にしない。150℃くらい。衣が軽いので、沈むことはない。
  6. 衣に色が付かないように注意して、揚げていく。
  7. お皿にサラダ菜を敷いて、海老を盛り付ける。ケチャップと花椒塩を盛り付けて、できあがり!

揚げ温度が詳しく書いてあるサイトはこちら → 『揚げ物に適した温度とは』

参考にしてね!

 

ご飯が欲しくなる中華料理のやみつき〇〇の素を使わない

青椒牛肉絲≫なども紹介してますよー

美味しい手作り≪あんまん≫の作り方も見てね!

Bon appétit ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました