これが家で出てきたらすごい! ≪ 涼拌三絲(リャンバンサンスー)≫

料理

 

リャンバンサンスーは 「凉伴三絲」と書きます。

 

 

 

凉は涼しいという意味

伴は和えるという意味

三は漢数字の三

絲は千切りという意味

 

がそれぞれあります。 つまり凉伴三絲とは 三種類、三色の千切りにした食材を使った冷たい和え物ということです。

具材は、春雨、エビ、トマト、インゲン、パプリカなどなにを使ってもできますよ!

 

夏にぴったり!

 

でも

夏だけでなく、箸休めとして年中食べて欲しい食べ物です。

 

酢の物には、体の疲労を取ってくれる働きがあります。

現代人で疲れていない人なんているのかな。。。

なので、そんな人に、

「いつもお疲れ様。酢の物は体の疲れを取ってくれるから、ちょっと作ってみたよ。」

 

とさりげない気遣いに、たまらなく癒されます。

 

この凉伴三絲は見た目がとてもきれいです☆

家庭でこれが出てきたら、ちょっとリッチな気分になります♡

でも、作るのは、簡単!

では c’est parti!

材料(4人分)

  • イカ 200g
  • セロリ 1/4本
  • きゅうり 1本
  • レモン  1/2個

~辛子酢醤油~

  • 練りからし 小さじ2/3
  • 酢 大さじ2
  • 醤油 大さじ2
  • 砂糖 小さじ1

作り方

  1. イカを仏手切りにする。先ず、包丁をしっかり濡らして、横に深めに切り目を入れて、3㎝幅にカット。その後、薄くそぎ切りにしていく。
  2. 1を何回か水洗い後、ザルにあげておく。
  3. きゅうりは半分に切って薄く斜め切り。セロリもスジを取り半分に切って薄く斜め切り。レモンは、くし型にして薄切り。きゅうりとセロリはザルにあげておく。
  4. お湯を沸かし、分量外の紹興酒を人回しし、80℃くらいになれば2のイカを入れる。切り込みのところが白くなれば氷水に落とす。
  5. イカ、きゅうり、セロリ、レモンは冷蔵庫に入れておく。
  6. 食べる直前に具材と辛子酢醬油を合わせて、食卓へ

ポイント

  1. 食べる直前に合わせること。前もって合わせておくと、きゅうりなどから水が出てきて味が薄くなってしまいます。
  2. 生レモンを使うことによって、フレッシュでさっぱり感が出ます!
  3. 仏手切りすることで、イカにもしっかりと味が染み込みます。

この凉伴三絲ならいくらでも食べれます^^

疲れをねぎらってあげたい相手がいるなら、ぜひこの凉伴三絲で胃袋と心を癒してあげてください☆

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました