おいしく簡単!失敗なし!≪りんごのコンポート≫

お菓子、デザート

りんごのコンポートを作ったことがありますか?

ほとんどの人がないと思います(笑)

でも、めちゃ簡単で、おいしい♡

たまに、リンゴを買ってきて、

「あー、このリンゴはずれだったー」

というようなリンゴでも、おいしく変身しますよ!

 

おいしいリンゴはとびっきりおいしく。

それなりのりんごもおいしく。

 

歯が弱い人って、リンゴ食べるのは少し抵抗があるでしょ。私が、老健施設などのご飯にたずさわっていた時、よくこのりんごのコンポートを作ってました。

正直、めちゃ好評でした^^

りんごってどんな風に体にいいの?

どこかの国のことわざで

【りんごが赤くなれば、医者が青くなる】

って聞いたことありますか?

りんごが赤くなれば、みんな健康になるから医者がいらなくなって、医者が青ざめるっていうことを表しています。

りんごの栄養

エネルギー61kcal
たんぱく質0.2g
脂質0.3g
炭水化物16.2g
灰分0.2g
カリウム120mg
カルシウム4mg
マグネシウム5mg
リン12mg
β-カロテン当量 27μg
ビタミンC6mg
食物繊維1.9g(水溶性 0.5g、不溶性 1.4g)

(資料:日本食品標準成分表2015)

特に、このカリウムが多いのが特徴です!

カリウムは余分な塩分を体の外に出してくれるから

むくみが取れたりして、美容効果バツグン!

その他の素晴らしい病気の予防効果がこちらに載ってます。

 

私が特に注目したいのは、

りんごの皮に多く含まれるポリフェノールです。

皮には栄養がたくさんあります。

捨てるなんてもったいない!

 

りんごポリフェノールの健康効果

◎老化や病気から体を守る効果
◎血流を改善する効果
◎口臭を予防する効果
◎美白効果
◎アレルギーを抑制する効果
◎ダイエット効果
◎コレステロール値を下げる効果  ◎老化を防ぐ効果

これだけ健康効果の高いりんごだけど、多くても1日1ケぐらいにしておいてね。

栄養バランスが大切。

ましてや、りんごダイエットなんて絶対にダメ!

瘦せないし、肌がボロボロになるからしないで!

本格的なりんごのコンポートの作り方

材料(4人分)

  • りんご 1ヶ
  • 白ワイン 50㎖
  • グラニュー糖 100㎖
  • 水 200㎖
  • レモンスライス 2枚
  • シナモンスティック 1/2本

バニラアイス、セルフィーユ 適量

作り方

  1. りんごの皮をむいて、8等分にして、水(分量外)につける。皮は捨てずにおいておく。
  2. 白ワイン、グラニュー糖、水、シナモンスティックを鍋に入れて一煮立ちさせる。
  3. 2にりんごとりんごの皮を入れて、コトコト煮込んでいく。
  4. りんごに竹串をさして、すっと通るくらいになれば、火から外す。
  5. 4を氷水の張ったボールに入れて、レモンスライス、皮を加える。
  6. 荒熱が取れたら、冷蔵庫でしっかり冷やす。
  7. 器にりんごを盛り、煮込んだ汁も入れる。バニラアイスを添えて、セルフィーユを飾れば、完成!

ポイント

りんごをしっかりと、柔らかく炊くこと!甘い方が好きな人は、グラニュー糖の分量を多めにしてもいいですよ!

パーティーなどに使うときは、前日にコンポートを作っておいて、冷蔵庫で一晩寝かせてもいいですよ!りんごにおいしい煮汁が染み込んで、ますます美味しくなってます!

最後の仕上げに、バニラアイスを飾れば、当日手間なしです!

りんごのコンポートに合うオススメのメニュー

こんな素敵なりんごのコンポートに合うメニューは

ビーフストロガノフポタージュパルマンティエなどはいかが?

ステキな食卓になりますよ☆

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました